ISO27001の取得で可能なこと!ISMS構築も容易

女性

維持のためにも

笑顔の男性

isoの資格取得を成功させたとしても、その後の運営が大変です。決まった時期に監査を受けて、ちゃんと品質向上に努めているのかどうかを調べられるからです。isoの資格取得を成功させたからといって、うかうかすることが出来ないのです。常に、企業運営や企業内部の機密情報の保管性を高めていくためにも、コンサルの力が必要不可欠です。コンサルは、isoの資格取得のためだけに動いてくれるというイメージを有してしまいますが、その後の支援に関することもサポートしてくれるのです。どのようなことをしてくれるのかというと、文書管理や維持支援や運用改善支援です。これら2つの支援サービスをまとめてやってくれる総合支援サービスと言うものもあります。これについては、サービス内容が異なる分費用のほうも違ってくるので、じっくりと内容を吟味してから適切なものを選んでいきましょう。

コンサルが行なう、isoの文書管理や維持は、基本的に前回提出したマニュアルや規定に関する内容で、前回の課題点はクリアしたのかを見てきます。運用改善支援に関しては、内部監査や審査受審の支援に関することです。前回の監査時点で浮き彫りになった課題点はちゃんと改善できているのか、新たな課題点は見つかり次回までにどうやって改善していくのかを確認します。それらの支援を専門コンサルが行なってくれるのです。文書管理や維持支援に関しては、月額料金で3万円程の費用がかかります。運用改善支援に関しては、月額で8万円程はかかります。総合支援の費用は、月に10万円ほどはかかるのです。現在の運営状況や費用のことを考慮して適切な支援サービスを選択しましょう。